中古レコード屋でアルバイトをしながら別れた女のことが

忘れられず虚ろな日々を送っている青年平山。

失踪した男が残したレコードを引き取ってくれという依頼に、

その部屋を訪れた平山は、そこでこの世のものとは思えぬ異様な声を聞く。

それが全ての始まりだった。

徐々に彼の周りで異変が起こり始める。

失踪した男のレコードを返せと平山に付きまとう女。

抜けた歯。

血痕を這うなめくじ。

留守番電話に吹き込まれた口笛。

古いレコード。

廃墟の小学校。

ダムの底に沈む村。

木箱に閉じ込められた行き場の想い。

やがて、平山に失踪した男の記憶が浸透し始める。もう誰の記憶かわからない。

平山はつき動かされるようにある目的に向かって行動を起こした……。


BACK