映画一揆 on twitter

井土紀州 on twitter

SPIRITUAL MOVIES

Youtube

行旅死亡人イメージ

行旅死亡人

監督・脚本井土紀州
出演藤堂海・阿久沢麗加・本村聡・長宗我部陽子
企画上野昂志・柳沢均
撮影・照明伊藤学
録音小林徹哉
音楽安川午朗
助監督宮田耕嗣・川﨑龍太
制作担当桑原広考・吉川正文
製作協力スピリチュアル・ムービーズ
プロデューサー沼口直人・吉岡文平

2009年/112分/HDCAM/カラー

>>STAFF&CASTをもっと見る

◎解説◎
何かが欠落した人間が同じ臭いの異性を嗅ぎあて、互いの体が自分の一部であるような関係が生まれる。 傍目には深く愛し合っているように見えるだけだが、二人の関係が危機に瀕した時、彼らは手段を選ばない。 他人の名前で生き続けてきた人物の不気味な実話から立ち上がって来たのはそんな人間の姿であった。 橋本忍、野村芳太郎から2時間サスペンスまでをも包括する日本の社会派推理の伝統がインディペンデントに継承されている光景に注目して欲しい。 謎を追うフリーター女子二人組が絶対に自分のスタンスを崩さないのも新鮮。「だって携帯を持てないなんてかわいそうじ ゃん!」。一つ不満を言うと温泉にも入って欲しかった。
高橋洋(脚本家・映画監督)

あらすじ

滝川ミサキは、ノンフィクション作家を目指す24歳だが、
これといった作品も書けないまま、スーパーでアルバイトをする毎日。
そんな彼女に、ある朝、奇妙な電話がかかってきた。
なんと、彼女の名乗る女が重病で入院してきた。
友達のアスカとともに病院を訪ねた彼女は、そこに意外な人物を発見する。
彼女はいったいなぜ、他人の名を名乗らなければならなかったのか?
そこから、ミサキは、一人の女の苛酷な人生と向き合うことになる。

>>「行旅死亡人」特設サイト