映画一揆 on twitter

井土紀州 on twitter

SPIRITUAL MOVIES

Youtube

泥の惑星イメージ

泥の惑星

監督井土紀州
出演千葉美紅・上川原睦・小林歩祐樹
脚本天願大介
撮影高橋和博
照明吉川慎太郎
録音岩丸恒
装飾森田博之
音楽平山準人
整音福田伸
助監督川﨑龍太
制作進行吉川正文・冨永威允
協力プロデューサー吉岡文平
制作協力スピリチュアル・ムービーズ
プロデューサー天願大介・加瀬愼一
企画・製作日本映画学校

2010年/53分/HDV/カラー

>>STAFF&CASTをもっと見る

◎解説◎
井土紀州といえば「百年の絶唱」であり、「ラザロ」であり「行旅死亡人」だった。共感よりも戸惑いを、安心よりも衝撃を。時に過剰なほど観客を惑わせ、なにもそこまで的な衝撃だってへっちゃら。歪さはむしろ個性に。それが井土世界。 そこへ「泥の惑星」である。青春映画である。地方、十代、童貞と三重苦の高校生たちが、将来への不安と欲求不満の悶々を、矛盾なく混同させてレンコンを掘る。当然レンコンを使った下ネタは女子に見せずにいられない。男子ってほんとバカねー。 もっと言って。もっと笑って。童貞の偶像ホールデンもいるよ。オナニーロックも聴こえてくるよ。青くて切実でキュートですらある四十路井土の新世界、ここにはじまる。
皆川ちか(映画ライター)

あらすじ

農業高校に通うハルキ達は毎日泥まみれになってレンコンを収穫し、なんとなく楽しく過ごす日々。
「ずっとこんな感じだったら、それって幸せかな。不満かな」
そんな問いにも答えられないある日、ハルキは天文部の転校生、アキに一目惚れしてしまう。
そうして回り始めたハルキの歯車につれられるようにして、仲間達の歯車もまた回り始める。
一方、校内の植物は原因不明のまま枯れ始め・・・。

「星座を破壊せよ。星と星の間に、新しい一本の線を引け」
彼らに、新しい線は引けるのか。